2018年2月19日月曜日

南アフリカから帰国・結果、メディア掲載、青梅マラソン

おかげさまで南アフリカから無事に帰国しております!

 恒例の家族のデーハーなお迎え(笑。恥ずかしいけれど、毎回嬉しいです。

南アフリカ、トランズ・ケープ7日間レースの結果は、

7日間総合:5位
     
3位1回
4位1回
5位4回

UCIポイント:50ポイント(XCO)獲得

正直、今のフィットネスレベルでよくここまでまとめられたな、と言うのが本音です。
やはり皆、すごく強かったです。特に南アフリカはすでにシーズン中なので体が出来上がっていましたね(もちろん想定はしていました)。

エイジグループのトップライダー達も相当強く、真剣で、メカトラがあった日はやられるほどでした。

南アフリカのMTBステージレース数は世界一。

なんと年間60回近く開催されます。
競技人口も多く、レベルも高く、運営も素晴らしいです。

多くのライダーが世界的にも有名な「ケープ・エピック」へ向けてピークを作っている段階です。

今回のレースは昔のケープ・エピックのルートを使用しているので、調整レースとして使っているレーサーも多くいました。

世界は広いです!

・・・

毎日、限界を超えて追い込む「超戦」でした。

ともに戦ったグラント・アシャー選手。強かった。ついて行くの必死。一人では出せなかった底力の領域を引き出しまくってもらいました。気を失いかけるほどキツかったけれど、「ありがとう」グラント!

南アフリカの広大な大地を舞台に、7日間これでもか!と言うくらいにこぎまくりました。

素晴らしい出会いは人だけではなく、野生のキリンさんにも出会いました。

何度も川を渡りました。↓これはまだ浅い方ですw

常に全力。足と気を一瞬でも抜いたら先頭集団から置いていかれます。

灼熱の南アフリカで、とても良い経験を積めることができました。

帰国から4日経ちましたが、絶賛時差ボケと疲労と格闘しております。毎日意識もうろう状態です(笑。

わかっていたことですが、この早い時期でのステージレースはやはり体へのダメージが半端ないです。本格的なシーズンはこれからなので、慎重に、長めに休養を取ってから再始動します!

・・・・

メディア告知!

現在発売中の週刊少年チャンピオンNo.12(2月15日〜21日)
弱虫ペダル10周年記念号
その中の「各界著名人からのお祝いコメント!!」にて写真付きでお祝いコメントをさせていただいています。
 渡辺航先生は王滝レースも毎回参戦し好タイムでフィニッシュしているかなり強いサイクリストなのです!

「弱ペダ」は大ファンで、愛読しているのでとても嬉しく、光栄です!

恐縮ながら渡辺先生のブログでも紹介していただいていました(感涙)。ありがとうございます!
渡辺先生のブログ→https://ameblo.jp/pedaru-rurumo-seihuku/entry-12354210565.html

改めて、おめでとうございます!

これからも愛読させていただきます!

・・・・・

妻の「アスリートフード研究家」池田清子が先日地元の「青梅マラソン」を自己新のタイムで完走しました。



普段サポート、応援してもらっていますが、青梅マラソンは毎年サポートと応援をしています(笑。


妻は、昨年から都心への長時間通勤&フルタイムワークとなり、それに加えてアスリートフード研究家のお仕事。はっきり言ってほとんどトレーニングはできていない状況でした。

その中で昨年の自分を超えるということは並大抵のことではありません。

ロングを走る時間はないので、毎朝5時起きで暗がりの中、時には雪の中、マイナス9度の中、足元をライトで照らしながらトレーニングに出かけていました。1月の走った日は29日間。


私はトレーニング時間を確保できる立場にいながらも、
毎年自分を超えるということは至難の業です。

妻ながら心からリスペクトです。本当にお疲れ様でした。そして、おめでとう!

マラソンを走っている一人一人にドラマはある。

ランナーの方達の頑張っている姿を見ていると全員を応援したくなり、ただただ感動してしまいました。

青梅マラソン!今年も素晴らしい感動をありがとうございました!

みなさん本当にお疲れ様でした!

地元でこのような素晴らしいイベントがあることがとても嬉しく誇りに思います。

2018年2月1日木曜日

「トランズ・ケープ2018」7日間コースプロファイル

南アフリカの大冒険ステージレース


©︎Trans Cape

7日間(7ステージ)で
南アフリカのKnysnaからFranschhoekまでの
614kmを走破します。

総獲得標高は10200m。


今年は距離は短くなっていますが、コース変更がされ、トレイル・シングルトラックが追加されて難易度が上がっているとの情報です。
トレイルが多ければ多い方が私としては嬉しいです!


以下、コースプロファイルです!

ステージ1:71km 、1350m登り



ステージ2:86km、1900m登り


ステージ3:102km、1600m登り

ステージ4:106km、1500m登り

ステージ5:99km、1200m登り

ステージ6:74km、1050m登り


ステージ7:73km、1850m登り

このワクワクドキドキするレースコースでどこまで自分を追い込み、高め、成長できるか楽しみです。

レースは2月4日スタートし、10日でフィニッシュ。

ライブ情報は、以下の媒体でチェックできます。

トランズ・ケープ公式ウェブサイト:http://www.transcapemtb.co.za
大会フェイスブック:https://www.facebook.com/transcapemtb/
大会ツイッター:https://twitter.com/TranscapeMTB

ぜひフォローしてください!よろしくお願いします!

©︎Trans Cape

南アフリカはヨハネスブルグに到着しています!

 今回は羽田空港から出発!

家族、サポーター、たくさんの熱い寄せ書きに見送られ、今シーズン緒戦へ向け南アフリカへ旅立ちました。皆さまの応援に心から感謝です!

ヨハネスブルグ空港へのフライトは北京経由の乗り継ぎを入れて約24時間。ドアtoドアだと約30時間の大移動です。

機内では足のむくみを抑え、血流を促すためにもC3fitのコンプレッションアイテムを重宝しています。


無事に南アフリカに到着し、今回のレースパートナーのグラント・アシャー選手と合流!

グラントは南アフリカでも屈指のレーサーです。良きライバルとして高め合える心強い存在!
↓雑誌見てたら登場していました。さすがです!

そんな彼はなんと、「スプロケット&ジャック」というカフェ併設の人気バイクショップを経営しています。

まずはカフェで一息。

店の真横にトレイルへの入り口がある最高のロケーション。

前回南アフリカに来た時に知り合いになったMTBカメラマン&ライターのディノさんが偶然ショップに来たので早速一緒にトレイルライドへ!

バイカーは話すよりまずはトレイルライドで対話します(笑!

いきなり感動級のシングルトラックライドを案内してくれました!

ヨハネスブルグのダウンタウンを眺望できるルート。

南アフリカで超有名な大学「セントスティシャンズカレッジ」内にあるMTBトラックも行って来ました!


本格的なロックガーデンやジャンプなどかなり作り込まれていました。
カレッジレーサー、地元のライダーにも解放しているのでとても良い練習場所です。

そして、とにかく楽しい!

ライド後は、

ディノさん、なんと私がヘルシーフードが好きで、基本菜食なことを覚えていてくれて↓のカフェに案内してくれました。嬉しすぎます!


ビーツジュースでリカバリー!

南アフリカで有名な「ビルトン」。しっとりとしたビーフジャーキーのようなものですが、ここではセイタンから作るビーガンバージョンが売っていました!想像以上に美味しかったです(笑

皆さんのおかげで超満喫していますが、時差ボケと長時間移動はきついですね。
体調管理と身体のケアは忘れずに。今回のアイテムはプロテックのフォームローラーとマッサージボール!コンパクトなので遠征にも持って行きやすいです。


30時間の移動、真逆の気候、高い標高(ヨハネスブルグは約1600m)、聞こえは大変そうですが、

来て良かった!!!

と何度も感動しています。

っと言ってもまだレースも始まっていないですが(笑

人生をどう楽しむか、

経験のチャンスを生かすも殺すも

自分の心の持ちようだと思います。

本来、私は人見知りの出不精な性格。

しかし、そんな私がMTBのおかげで地球の裏側でコミュニティに溶け込み、最高の人生体験をしています。自分でも信じられません!

今日も感謝とともに人生を楽しんで行きたいと思います!

You Only Live Once! YOLO! (人生は一度きり!)

2018年1月29日月曜日

南アフリカへ向けてのパッキング中!

私の海外遠征の相棒、THE NORTH FACEのBCダッフルXL 150リットルの大容量バッグ。
6年目です。
はい。かなり汚れています。

しかし、なぜかこのままが落ち着くし、好きなのです。

この汚れが旅の証で愛着が湧いてしまいます。

世界中を一緒に旅し、ネパールではヒマラヤ山脈のThrong峠5416mを3回も越えています!超タフです。

というわけで今回の南アフリカ遠征ももちろんこのダッフルとともに思い出を刻んでまいります!

荷物の中でも食べ物が重いです。

補給食、自分がコンディショニングで食べたいもの、ご褒美スナックなど。

パワージェルやバーを7日間のレース日数分。ジェルはやっぱり日本の味「梅」をチョイス。クエン酸が多く含まれているのも嬉しいですね!

COq10、オメガ3、ヘンプパウダー、グリーンパウダー、ビーツパウダー、プラントベースプロテインミックス、など必要分をジップロックに分けて。現地の食事だけでは足りない栄養素が出てくるので安心できるものを持参。

天然アミノ酸はVESPA。摂取方法も指導を受けました。レースの長さ、強度に応じて適量、適切なタイミングで摂取することで効果を最大限生かします!

ほんの一部ですがスナック類。
ヘンプシードは機内食にふりかけたりして栄養価アップにも活用しています。

他にもダークチョコ、梅干し、プロポリスのど飴などを持参しています。

っとこんな感じで食べ物をパッキングしている時がワクワクして一番楽しいかもです。←バイクではない(汗。

さて、一番重要なバイクをパッキングしなくては!

2018年1月27日土曜日

いよいよ明日南アフリカへ出発です!&メディア掲載紹介!

すごく寒い日が続いていますね!

高熱が出てから2週間ほど体調が治らず長引いていましたが、
ようやくメニューを含むトレーニングができるまで復活し、なんとかレースに向けて体力が回復してきました!

ライド中はネックウォーマーに加えてマスクをして(インターバル時は外しています)冷気をできるだけ肺に入れないようにしています。見ためは悪いですがぶり返すわけにはいかないので(汗!
冷えや自転車の劣化につながる雪溶け水や塩カルの跳ね上げ防止にフェンダーは必須です。

トピークDeFenderXC1/11-29は、頑丈な作り、広い調節幅、大きな29タイヤに対応してくれる長さと幅で頼もしい存在です。


食事、食欲共に通常に戻りました。安心安全なもの、必要な栄養素を必要な分だけ美味しくしっかりと摂取!

暖かい南アフリカ出発は明日!

南アフリカの情報サイトやマラソンMTBなど、
各メディアで私の「トランズ・ケープ」出場へ向けてのインタビュー記事(内容は重複していますが)を紹介してくださっています。

新聞(南アフリカThe Herald紙)
海外ウェブ媒体(5)

英語ですが、見ていただける嬉しいです。
↓↓
・南アフリカ・ポートエリザベス「The Herald」紙

ウェブ:
1月25日
In the Bunch
Yuki Ikeda adds Japanese flavour to TransCape
JANUARY 25, 2018, 11:17 AM BY IN THE BUNCH STAFF REPORTER

1月25日
Enduro Hub
Japanese ace Yuki Ikeda relishes TransCape challenge
25 January 2018

1月25日
RisenMan Media
Japanese ace Yuki Ikeda relishes TransCape challenge
Written by Full Stop Communications Category: Sports News
25 January 2018

1月25日
Your SPORT
Yuki Ikeda ready to show his class in TransCape
JANUARY 25, 2018 BY COETZEE GOUWS

1月26日
MarathonMTB.com
Yuki Ikeda gets set for TransCape challenge
JANUARY 26, 2018 BY Mike BLEWITT

https://marathonmtb.com/2018/01/26/yuki-ikeda-transcape/

最後のMarathonMTB.comは世界的にも知名度がある情報ウェブサイトなので特に嬉しいですね!

日本人、アジア人がこうして世界で活動していることを認知してもらい、日本と世界のMTBシーンを身近に感じてもらえたら嬉しいです。

インターネットのおかげもありますが、私は、情報、国、言葉の壁を感じることなく世界を旅し、経験し、共有して行きたいと思っています!

そして、南アフリカ出発前に素敵なTシャツプレゼントが!↓

感謝感激!ありがとうございます!

私の公式メカニック「自転車コーキ屋」さんx青梅「サムライTシャツ」さんx「トピークエルゴン」の奇跡のコラボTシャツ。

私の胸にはTeam Rider。メカニックのお二人はTeam Mechanicの文字が入っています。

地元からの熱い応援、サポートを胸にまずは南アフリカからシーズンイン!
暴れてきます。


現地からも可能な限りSNSなどを通じて発信に務めたいと思います!

宜しくお願いします!