2017年8月16日水曜日

明日から3日間ステージレースに参戦します!

今滞在しているブリッケンリッジで行われる「ブレックエピック3デイ」に明日から3日間参戦します!他のレースと重なり、最近出場できていなかったのですが、久々の参戦。慣れたフィールドとはいえ、その質の高いトレイル、絶景、レベルの高さ、全てに大興奮です。

コロンビアの7日間レースから約10日間、移動もありましたが基本休養に充てて過ごしてきました。

蓋を開けてみないとわかりませんが、回復はうまくできたのではないかと感じています!

先ほど受付を済ませて、名前入りプレートをゲット。超クールです!

今回のレースバイク。激しいトレイルも多いのでフルサス、ドロッパーを装備。
タイヤもマキシスのアスペンからアイコンに変えています。かなり楽しい仕様です⭐︎

基本標高3000m以上に登る超級山岳レース。過酷です。

しかし、だからこそチャレンジしがいがあり、真剣になり、自分に正直なり、情熱を注ぎ、生きている実感ができる。

さらにその極限状態の中でライバルたちと戦い、高め合うことで得るものがある。

明日から三日間、

超戦

してきます!

2017年8月12日土曜日

ラ・レイェンダ・デル・ドラドUCI ステージレースレポート

大会名:ラ・レイェンダ・デル・ドラドUCI ステージレース(La Leyenda del Dorado
大会ウェブサイト:https://en.la-leyenda.com/

開催地:コロンビア・カルダス Colombia, Caldas
開催日時:2017年7月30日-8月5日
7日間総距離:482+km

7日間総獲得標高:16,082+m
7日間総レース時間:24時間47分34秒
7日間総合:8位
 プロローグ:9位
 ステージ1:6位
 ステージ2:9位
 ステージ3:9位
 ステージ4:6位
 ステージ5:7位
 ステージ6:7位
総合トップ10→ http://smartsport-websy.rhcloud.com/#/Top10 
各ステージ結果→ https://results.chronotrack.com/event/results/event/event-31401 
レースパートナー:グラント・アシャー選手 (Grant Usher)・南アフリカ
獲得UCIポイント:35pt

第2回大会「ラ・レイェンダ・デル・ドラド」(日本語で「黄金の伝説」)は今年からUCIレースとなり、昨年よりも参加者が約3倍に増え、競技レベルの厚さも格段にアップした。

そして、
「マウンテンバイクのエベレスト」
と称され、コースプロファイルの通り、とにかく登りと標高の高さがすごいことになっている。
©La Leyenda del Dorado

今レースは、ソロカテゴリーはなく、二人一組のチーム戦。
私は南アフリカのグラント・アシャー選手とタッグを組んでのレース参戦。

グラントとは日本で行われたシングルスピード世界選手権で出会い、昨年は南アフリカの9日間ステージレース「ジョーバーグ2C」でライバルとして戦った仲。

初めて訪れるコロンビアの地で、南アフリカの選手とチームを組む。なんて面白い国際経験だろうか。

7日間でカルダスの山岳地域を約482km、獲得標高16082m走破するビッグイベントだ。
©La Leyenda del Dorado

世界チャンピオン経験者、多数のナショナルチャンピオン、XCO・XCMのトップ選手がスタートに名を連ねる。

物怖じはしていない。むしろこのチャレンジャーの立場を楽しみ、ワクワクさえしている。


初日、プロローグ。タイムトライアル形式の1分ごとのスタート。
©La Leyenda del Dorado

いよいよ7日間の激闘のスタートだ。

最初から最後まで全開。短いステージとはいえ、その激しい起伏は難関だった。
 ©La Leyenda del Dorado

中盤からグラントの調子が優れなく、ペースを少し落としたが、一桁9位で初日を終えた。悪くない。

2日目、ステージ1。
©La Leyenda del Dorado

体調も良く、笑顔でのスタート前。
©La Leyenda del Dorado

レース展開は、登りでは私が引っ張り、平坦ではグラントがリードし、下りはお互い自信があるので問題なし。お互いの長所を生かし、レースを進めた。

周りがパンクやトラブルが多かった中で、安定の走りで6位でフィニッシュ。
©La Leyenda del Dorado

3日目。ステージ2。
©La Leyenda del Dorado

難易度がかなり高いコース。第2エイドステーションの手前から続く坂は、20%を越えるテクニカルな激坂が延々と続く。

ただ斜度があるだけでなく、路面が砂利や岩で滑る。一瞬でも気をぬくと、足を着いてしまう。一度止まると再乗車が難しいので、必死でクリアしていく。そんな坂と1時間以上格闘して峠を目指す。

登り終えた後も激しいアップダウンが続く。

気持ちも体も疲弊してくる中、途中で通る村や町はレースを歓迎してくれて大掛かりに応援してくれた。これは本当に嬉しく、パワーも再び湧いてくる。特に子供達の熱狂ぶりには感動。

©La Leyenda del Dorado

子供達とハイタッチ。
©La Leyenda del Dorado

フィニッシュ地点のサラミナは町を挙げての歓迎ムード!
地鳴りがしそうな歓声に迎えられての感動のフィニッシュ。こんなにも暖かく、素晴らしいフィニッシュは今まで経験したことがないほど。

©La Leyenda del Dorado

日本と南アフリカの国旗も用意してくれていました。赤丸が少し小さいけれど(笑)心から感謝!
©La Leyenda del Dorado

後半私がペースを落としてしまったが、なんとか一桁を死守して9位でフィニッシュ。

4日目。ステージ3。クロスカントリーサーキット。8キロコースを3周の24km。

サラミナの町は山岳地帯にあり、平地が一切なく、街中の坂も15%以上が当たり前。
舗装路セクションとはいえ決して楽ができない。
©La Leyenda del Dorado

スタートは8時。久しぶりのXCスタイルに興奮する。
©La Leyenda del Dorado

シングルトラックもタイトでテクニカル。気は抜けないが、非常に面白いコースだ。

舗装路セクションは照り返しが強く、暑さが体力を奪う。
©La Leyenda del Dorado


 この日も多くの観客が大声援を送ってくれた。


訪れる町とレースが協力して盛り上げる。観光地でもないので外国人が来ること自体珍しい町。私たちも、子供達、町の人たちも国際交流もできる。今回のレースは大きくメディアにも取り上げられているので、町の活性化にもつながる。

その中でレースできることは非常に良い体験。とても素晴らしい。
©La Leyenda del Dorado

 今日も安定の9位でフィニッシュ。まだまだ上を目指している。
後半戦に向けてあげていきたい。

5日目。ステージ4。


©La Leyenda del Dorado

スタートから超級の登りがいきなり始まる。

©La Leyenda del Dorado

60km以上登り続ける。

©La Leyenda del Dorado

グラントとも私も負けず嫌い。レースをしているかのようにお互いの限界を引き出し合った。

 得意なところでは積極的に前へ出てリードする。

グラントの平坦や緩斜面でのパワーはすごい。足を緩めると一瞬で離されてしまう。
©La Leyenda del Dorado

死ぬほど辛いが、二人の追い込みの相乗効果で再び順位をあげて6位でフィニッシュ。

ESPNのテレビ取材で、後半の追い上げの様子を語った。日を追うごとにチームワークは良くなっている。あと二日。死力を尽くして一つでも順位を上げたい。
©La Leyenda del Dorado

6日目。ステージ5。標高約4000mまで登るクイーンステージ。

強い雨足の音で目が覚める。これから4000mの峠を目指すのにこの天候。不安が募るが、食べ物や防寒具も余計に持参し、シューズカバーを履き、ホットオイルも塗り、入念に雨と寒さ対策をした。
©La Leyenda del Dorado

序盤はグラントが引いていたが、標高が上がるにつれて、高地トレーニングをしていた私のパフォーマンスが上がり始めた。
©La Leyenda del Dorado

 グラントはかなり辛そうだ。しかし、トップ選手たちも苦しんでいるようで、2チームをパス。

峠では雨は止んでいたものの、霧が濃く、風も強く、厳しい環境だった。
©La Leyenda del Dorado

一気に下り、そのままの勢いでゴールまで行きたかったが、ラスト20kmで私のエネルギーが落ちてしまった。逆にグラントの勢いは増し、彼のペースに必死に着いていく形となった。一人でいたらこのペースでは走れなかっただろう。チームメートのおかげで残っていた力を絞り出すことができた。

最後は土砂降りの雨の中でのフィニッシュ。
©La Leyenda del Dorado

7位。

7日目最終日。ステージ6。
©La Leyenda del Dorado

泣いても笑っても今日で最後。悔いを残さぬように全身全霊、全力全開で臨む。
©La Leyenda del Dorado

スタートは思うように体が動かず、焦るが登りが始まると次第に身体が動き始め前へと詰め始める。

途中のシングルトラックの下りでは攻めに攻めて順位をアップ。
©Diego Fernando Fotografo

ところどころにある担ぎセクション。
©La Leyenda del Dorado

きついがこのアドベンチャー要素もMTBの醍醐味。楽しむ気持ちを忘れずにポジティブにレースを進めた。
©La Leyenda del Dorado

フィニッシュが見えた瞬間。思わず笑みがこぼれた。

フィニッシュはマニサレスの大教会の目の前、そして数え切れないほどの観客、歓声、アナウンス、音楽、ものすごい盛り上がりを見せていた。

鳥肌が立ち、心臓がバクバクする大興奮のシチュエーション。


Photo: Mauro Vasquez ©2017

7日間必死に戦いあった最高のパートナー、グラントとその感動を分かち合った。

最終日7位。7日間総合8位。

もっと上に行きたかった。しかし、これが現状のベストを尽くした結果。
最低目標であった一桁フィニッシュは達成できたことは嬉しい。

今回の表彰台。あの場に心底立ちたかった。しかし、決して届かない場所ではない。
©La Leyenda del Dorado

女子表彰台。グラントのガールフレンドのエイミーと私の親友であるソーニャが接戦を制して総合優勝を果たした。心からおめでとう。そして、勇気をありがとう。
©La Leyenda del Dorado

そして、世界的にはほぼ無名であった地元コロンビアの選手達の強さにも驚かされた。

ここコロンビアでまた新しい経験と素晴らしい刺激をもらった。

ありがとう。

世界は広い。自分の可能性も然り。まだ知らない世界、領域は沢山ある。
開拓することでまた強くなり、成長できる。

成長の旅はまだまだ終わらない。

沢山の応援ありがとうございました。

池田祐樹
〜超戦〜
TOPEAK ERGON RACING TEAM USA

レース中機材・装備:
バイク: Canyon  EXCEED CF SLX チームエディション
フォーク・リアショック:Rock Shox RS-1Monarch XX
ブレーキ:SRAM Guide Ultimate
ドライブトレイン:SRAM EAGLE, フロント32T
タイヤ: MAXXIS ASPEN 2.25 (F&R), 
前後20PSI
シーラント:Stan’s NoTube Race Sealant
グリップ: Ergon GS1
グローブ: Ergon HM2
サドル:ERGON SMR3 S Pro Carbon
ペダル: Crank Brothers Eggbeater 11
ヘルメット: Limar
工具・サドルバッグ・ボトルケージ: Topeak
チェーンオイル:Finishline
補給食:GUパワーバージェル&VESPAプロSayako’s Kitchen
ソックス:C3fit 
テーピング:ニューハレ
ケーブル/ワイヤー:JAGWIRE
ヘッドバンド:Halo II (ヘイロ II) プルオーバー
チームジャージ:Primal Wear


2017年8月11日金曜日

南米コロンビアからブレックUSAに帰ってきました!

コロンビア・大会スタッフの皆さん、最後の最後まで暖かく対応してくれました。
心から感謝です。

マニサレスで最後のランチに行った自然食レストラン「Green Creation」。超良かったです。もっと早く発見しておけば良かった(泣)。有機のコールドプレスジュース、ポータベラと野菜盛りだくさんのほうれん草トルティヤラップ、大豆プロテイン入りアーモンドミルクスムージー。マニサレスに行かれたらオススメですよ!

 

Good bye Colombia for now! また会いましょう!Ciao!!!

ドアドアで約20時間長旅でした〜。

ブレックへ帰ると具沢山お蕎麦とお豆御飯でホストファミリーが迎えてくれました。
 疲れた身体に沁み渡りました。感謝感涙!

日本以外にもこうして帰る場所があること、優しさに心から感謝。

朝も恒例のスムージーで元気いっぱい!

アメリカ後半戦は、ハードテールはお休みして、フルサスの出番です!
Canyon LUX CF
しかも、ドロッパーポスト装備でどこでも攻めて楽しめる仕様です。

今日は、軽く近くをトレイルジョグ。30分ほど。強制的に自転車には乗らず、心拍もあげず、7日間のステージレースの疲労を心身ともに抜いています。
3日間ステージレースが16日から始まるので、回復に専念しています。しかも、ここは標高約3000m あるので余計です。

しかしながら、この素敵な環境には改めて感動します。

いつも乗るトレイル。ガシガシ追い込んでライドしても、今日みたいに軽くジョギングしても、それぞれの楽しみがあります。

家を出てすぐにこの環境。アウトドアを存分に楽しめます。
みるみる心身が癒されていきます。

デトックス、身体に溜まる静電気を放電するために、毎日できるだけ裸足で土に、地球に触れるようにしています。特に長い飛行機移動後に触れると時差ぼけ改善にも効果があるそう。というか単純に気持ちいいというのが一番の理由ですが(笑!

練習に、MTBに、心に、身体に、最高の環境ブレックで次の「超戦」へ向かいます!

今日も全てに感謝。

人に、動物に、地球に、全てに優しく、この感謝の気持ちを世界へ広げて行こう!